安全にお金を借りるコツを伝授します!

当サイトにお越しくださりありがとうございます。

 

 

ここに辿り着かれたということは、誰にもバレずにお金を借りる方法を探しているんじゃないでしょうか。

 

お金を借りるにしても、家族や親戚、恋人や友人などから借りると後々気まずい思いをするのでは、と心配ですよね。しかし金融業者は敷居が高く感じて、いま一歩が切り出せないんじゃないでしょうか。

 

でも安心してください。たとえば消費者金融なら改正貸金業法改正によって上限金利が下がり、WEBでの即日融資に対応していたりと、現在では非常に利用し易くなっています。

 

銀行は金利が低いのですが、審査に時間がかかる傾向があります。各種業者の内容をよく知り、ケースバイケースで使い分けるのが、賢いお金を借りる方法と言えます。

 

こちらのサイトでは、お金を借りる理由やうまい言い訳、気になる貸金業者の審査基準や即日対応の詳細など、借金にまつわるあれこれについて解説しています。

 

最後におすすめの金融業者のサイトを紹介しているので是非参考にしてください。

 

お金が必要だけど、どうしたらいいのかわからない、そんなあなたへ安全にお金を借りる後押しができれば幸いです。

お金を借りる方法にはどのようなものがありますか?

お金を借りる方法は色々とありますが、身近なところでは親類知人などから借りるというものでしょう。

 

しかしこれは誰でも出来るものではありませんし、トラブルの原因にもなります。ある意味リスクの高い方法です。

 

やはりお金を借りる先として一般的なのは、銀行や消費者金融などの金融機関です。

 

銀行カードローンは借りられる限度額が高く、金利も低いといった特徴があります。必然的に審査には時間がかかり、審査内容も厳しくなる傾向があります。

 

消費者金融は即日融資に対応しているところが多いです。なので、生活費が足りなくなったり急な病気やケガなどの緊急時にお金を借りるには、審査の早い傾向があるこちらのほうが向いてます。

 

消費者金融というと昔のサラ金のイメージを持たれている方も少なくないでしょうが、2010年6月施行の改正貸金業法によって金利の引き下げやヤミ金対策等が実施され、消費者にとって利用しやすい身近なものとなりました。

 

現在でもヤミ金が存在するのは事実です。ですが、消費者金融は全国的に名が知れていて、CMなどでおなじみの「誰でも知っている」会社を選べば安心です。

 

なかには小規模で良心的な消費者金融もありますが、確かな情報の無い限り大手のほうがお金を借りるには無難です。

 

いずれにせよ銀行と消費者金融、どちらから融資を受けたとしても借りたお金には利息がかかります。

 

利息の負担を少なくするには無理のない返済計画をたて、なるべく早く終わるように返済の回数を少なく設定することが、お金を借りる賢い方法と言えます。

 

お金を借りる理由にはどんなものがあるでしょうか?


カードローン、キャッシングなどでお金を借りる理由には、様々なものがあります。

 

大半は生活費のためですが、高価なものを購入するため、急な出費やカード支払いの不足分を補うためなど多岐にわたります。

 

主婦や自営業者、契約・派遣社員、アルバイトなど収入が低かったり、安定した収入が見込めないケースでは生活費のためにお金を借りると回答することが多いようです。

 

一方、経営者や役員、公務員、正社員などの収入が安定しているケースでは生活費以外に好きな物を買うためにお金を借りると回答することが多いようですね。

 

自動車ローンなどと違い、カードローンやキャッシングでは使用目的が限定されないので、ギャンブルに利用しようと考える方もいます。

 

しかしギャンブルの軍資金としてカードローン等を利用してお金を借りることはおすすめ出来ません。

 

カードローンは使用目的が自由とはいえ審査ではお金を借りる目的を聞かれます。そこにギャンブルと答えるとほぼ確実に落ちてしまいます。

 

金融機関にとって、ギャンブル目的で借りる客は回収できる見込みが少ないと見ているからです。ギャンブルは身の丈に合った金額でたしなんだほうがいいでしょう。

 

それはそれとして、お金を借りること事態は悪いことではありません。給料日前の生活費や冠婚葬祭、入院などの急な出費はお金を借りることで一時的な不便をしのげますし、嗜好品を買うことは心を豊かにし、日々の活力を得るために必要なお金を借りる理由になります。

 

お金を借りるときの言い訳には何が多いでしょうか?


お金を借りる時の言い訳として多いのは、財布をなくしたとか、家に泥棒が入ってなど、ちょっとした同情を引くものがよく使われます。

 

車を持っていれば故障や駐車違反で切符を切られてしまって、というものもありますね。

 

多額のお金であれば、家族が急病になり入院費用や手術代の工面が難しいとか、家族がやっている事業が傾いていてなんとか助けてあげねばならない、といった家族に関するものでしょうか。

 

このお金さえ借りることが出来ればなんとかなりそうだといった希望に訴えると、相手の心に響いて貸しやすくなるかもしれません。

 

上記はいずれも友人知人に対してですが、個人同士の貸し借りに基本利息はないものの、返済が遅れれば関係にヒビが入りかねません。

 

誓約書を書いて誠意を見せるなり、返す際にはお礼を渡すなど、お金を借りることができた上で良好な関係を保つにはそれなりの努力が必要です。

 

その点、金融機関からカードローンなどでお金を借りるのは手続きが多少面倒だとしても気兼ねがない分楽です。

 

審査の際に問われるお金を借りる理由も返済の余地が疑われるようなものでない限り、特に問題はありません。

 

お金を借りるのは男の人が多いのでしょうか?


銀行や金融機関でお金を借りるのは、以前は男の人の方がかなり多かったです。

 

ですが、最近は女性の社会進出も珍しくなくなったということもあり、男の人と女の人の比は7:3から6:4くらいを推移しているというデータがあります。

 

お金を借りるのに男の人、女の人、といった差が少なくなってきているということです。

 

女性向けのカードローンや女性専用ダイヤルを設定している消費者金融を見かけることが多くなってきていることからも、女性の利用者が増えていることが伺えます。

 

お金を借りる人の年齢層としては、20代や30代が多いです。年齢層が高くなるにつれて、利用者数が減っていっている傾向があります。

 

どんなことが理由でお金を借りるのかというと、生活費や急な入院などの医療費、好きなものでちょっと高い金額のものを買う時などがあります。

 

また、お金を借りるときにどの業者のカードローンを利用するかを考える場面では、即日融資に対応しているか、CM広告などを打っていて信頼度があるか、などを検討項目としていることが多いです。

 

お金を借りるのは銀行の方が良いでしょうか?


お金を借りることが出来る金融機関には銀行、消費者金融、信販会社、クレジット会社などがあります。

 

銀行は信頼が置けますし、金利が低いので利息負担が少なくて済むのが利点ですが、その反面審査に時間がかかることがあります。

 

もちろん、銀行によっては即日融資に対応しているところもあるため、そういった銀行であれば審査が早く、無事審査に通ればお金を借りることができます。

 

即日融資に対応しているのは銀行以外にも消費者金融があります。

 

消費者金融のカードローンの金利は銀行よりも高めですが、正規の業者でしたら法律の規制範囲内での貸付になるので法外な利息を取られることはありません。

 

あなたのニーズに合わせて、金融機関を選んで借りると良いでしょう。

 

各社ホームページで仮審査を受けられるので、そちらを利用して審査基準などの情報をチェックをしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、審査が緩過ぎる無名な業者の場合、悪徳金融の可能性があるのでお金を借りるのはおすすめできません。

 

お金を借りる時の審査にはどのようなものがあるでしょうか?


銀行や消費者金融からお金を借りる際には必ず「審査」を受けなければならず、正規の金融機関に「審査なし」という貸金業者はありません。ただ、どこの貸金業者も何を審査するのか、詳しくは公表していません。

 

基本的には「申し込み時に書類に書かれた内容」と「過去にお金を借りることがあったかどうかの履歴(きちんと返済しているかなど)」を貸金業者が信用情報機関に問い合わせます。

 

そして利用者が今後返済していけるか(働いて収入を得ていけるか)を判断するために「勤務先への在籍確認」などが審査項目となり、順調に審査を通過できればお金を借りることができます。

 

なかでも「お金を借りて返済に遅れた」経歴はかなり不利になります。これまでに「お金を借りて返済に遅れた」ことのある人は審査なしの貸金業者があればそこでお金を借りたいと思うのではないでしょうか。

 

ですが、「審査なしで即融資」などと謳う所があれば悪徳金融業者の可能性が高いため利用しない方が身のためです。法外な利息を請求されたり、強引な取り立てをされることもあります。

 

「審査あり」はきちんとした金融機関の証でもあります。お金を借りる際は、くれぐれも惑わされぬよう気をつけましょう。

 

即日で対応してもらえる場合はありますか?


もしも大急ぎでお金を借りる必要があるなら、即日対応をしている消費者金融でお金を借りると良いです。

 

どこの金融機関でも、必死に頼めばすぐにお金を借りることができるというわけではありませんのでご注意ください。

 

しかし、即日対応をしている消費者金融にも営業時間があるので、夕方であったり、休日だったりするとアウトです。

 

即日対応のコツは午前中のなるべく早い時間帯に申し込むこと、土日祝日ではないこと、そして金額が多すぎないことです。

 

消費者金融では総量規制という法律があり、年収の3分の1までしかお金を借りることができないので、その範囲内での借入になります。

 

また、銀行系のカードローンでは、すでにその銀行の口座を所有しているのであれば、即日で振り込みしてもらえる確率が高くなります。

 

いずれにしても、急にお金が必要になる場合はあるものです。普段のうちにカードを作っておけばいざという時にすぐに借りることができて安心です。

 

お金を借りるのは専業主婦でも大丈夫ですか?


専業主婦は収入がないため、原則として消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りることができません。なぜならこれらの金融機関は貸金業法という法律で規定されているからです。

 

一方、銀行のカードローンに関しては貸金業法の対象に含まれていないので専業主婦でもお金を借りることができます。

 

したがって、消費者金融のカードローン、キャッシングでお金を借りることはできませんが、似て非なる銀行のカードローンだったら専業主婦でもお金が借りられるのです。

 

しかし、全ての銀行でお金を借りることができるわけではありません。取り扱っている銀行であっても審査は厳しめですし、配偶者の年収が十分でない場合、融資額は微々たるもので期待はできません。

 

ただし、消費者金融でも配偶者貸付という制度を利用すれば借りられる場合があります。これは総量規制の抜け道のようなものですが、消費者金融であっても配偶者に安定した収入がある場合は、専業主婦もお金を借りることができるのです。

 

配偶者に収入があれば、返済の当てがなく貸し倒れになる危険性や専業主婦が多重債務者になるおそれを回避できるからです。この場合、専業主婦は配偶者の収入の3分の1までお金を借りることできます。

 

しかしこの制度を採用している消費者金融は非常に少なく、全国展開している大手業者では皆無です。また、あまりにも審査が緩いところはヤミ金の可能性がありますので、お金を借りる際はくれぐれも注意して下さい。

 

学生でも大丈夫でしょうか?


学生でもお金を借りることは可能です。とはいっても誰でも幾らでも借りることが可能なわけではありません、お金を借りるにはある一定の条件が存在します。

 

まず、大手金融機関では未成年の学生は借りることができません。次にアルバイトなどで一定の収入を得ていることです。親からの仕送りだけでは収入とは認められず、審査を通ることは不可能です。

 

そもそも親からお金を借りることができない、あるいは内緒でといった方が業者から借りるわけですから、本人の収入を必要とするルールは至極当然といえます。

 

よって、収入のある学生はカードローンを利用できるわけですが、消費者金融での融資限度額は50万円までのところが多いです。

 

貸金業法では年収の3分の1までの融資しか許されていないため、上限まで借りる際に必要な年収はおよそ150万円程度となります。

 

また、銀行系では総量規制の影響を受けませんが、審査はより厳しくなっており、実際に借りられる金額は10万円程度までのケースがほとんどです。

 

今までお金を借りたことのない人は自分が有利な審査を受けられると思いがちですが、学生に限らず過去にカードローンなどでお金を借りる経歴がないと返済の信用がないとみなされ、逆に厳しくなってしまい、希望の融資額が通らないことがありますので注意が必要です。

 

無職でも大丈夫でしょうか?


無職でもお金を借りることは可能なのでしょうか。そもそも日常生活では様々な局面で思いがけない出費が生まれるもの。特に無職のような収入的に不安定な立場の人はお金に苦労することも多いでしょう。

 

そんな時に貸金業者を駆使してお金を借りることができれば、ピンチを脱出することができます。

 

無職でもお金を借りることは可能です。しかしこの場合の無職とは専業主婦、学生のことを指します。配偶者のいない独身の方がお金を借りるのは難しくなっています。

 

実際にお金を借りる際には注意すべき点もあります。カードローンであれキャッシングであれ申請時には職業や勤務先、年収を書き入れなければなりませんし、収入証明書の提示も求められます。

 

そして消費者金融においては総量規制の観点上、年収の3分の1を上回るお金を借りることができません。つまり全くの無収入の無職だと限度額もゼロとなり、実質的に借りることができないのです。

 

そのため何らかの借入を行うにはパートやバイト、契約社員、内職などで収入を得ていることが前提条件となります。

 

一方、銀行での借入はこの総量規制の対象外です。専業主婦や学生などの無収入の無職であっても、個々が定める条件さえ満たしていればお金を借りることが可能な銀行もあります。


お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

ここまでに色々とお金を借りる方法について紹介してきましたが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

そこで、本サイトからアクセス数の多い順で、消費者金融ランキングを発表します。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみ、お金を借りるなら広告でも有名な大手消費者金融がオススメです。

 

気軽に相談できる有人店舗数が39店舗、業界トップクラスを誇ります。

 

初めての人を限定に30日間金利0円。30日以内に返済で利息がタダなのはうれしいですね。

 

自宅のパソコンやスマホでのWeb審査から、最短30分のスピード回答で即日融資も可能!

 

  • 初回に限り最大30日間、金利が0円
  • WEBから最短30分で審査回答
  • クレジットカード機能付きのカードもあり
  • 利用限度額が50万円以下なら、原則収入証明書が必要ナシ

 

 

金利(実質年率) ポイント 総合評価
4.7%〜18.0% 初回30日間が金利0 お金を借りる方法

プロミス

1962年に設立された歴史あるプロミスは、消費者金融業界の最大手です。

 

きめ細やかなサービスと親切丁寧な対応に定評があり、お金を借りる際の心配事を解決します。

 

上限金利が17.8%ということで、有名な消費者金融の中では最低金利なのもポイントです。

 

女性オペレーターが対応する、安心の女性専用レディースキャッシングがあります。

 

  • はじめての方限定、最大30日間無利息
  • 業界最低金利の上限金利17.8%
  • WEBから最短1時間審査で融資可能
  • 女性には安心の「レディースキャッシング」

 

 

金利(実質年率) ポイント 総合評価
4.5%〜17.8% 上限金利17.8% お金を借りる方法

モビット

三井住友銀行グループのモビットならお金を借りるのも安心ですね。

 

パソコンやスマートフォンからのWEB完結申込で、通常カードローンでは必要な電話連絡が一切ありません。

 

家族や勤務先に知られずにお金を借りたい人に向いています。

 

融資限度額は大手消費者金融最高の800万円。いざというときの頼もしい味方です。

 

  • WEB完結申込で電話連絡なし
  • 提携ATM10万台以上(業界トップクラス)
  • 融資限度額800万円という高額融資が可能
  • 即日融資が可能

 

 

金利(実質年率) ポイント 総合評価
3.0%〜18.0% WEB完結で電話連絡なし お金を借りる方法